株式会社 ササクラ・アルク・エーイー

TOP > 業務内容 > 騒音コンサルタント及びその費用について

業務内容

ササクラ・アルク・エーイーでは消音設計から施工後の騒音測定まで、すべて一括で対応致します。
また、騒音問題が発生している場合には、騒音調査を行って各音源に対する
消音・遮音対策をご提案いたします。

騒音音源探査(測定、騒音レベルの把握と暗騒音の影響等の検証)及び騒音対策について

1.騒音調査

音源の騒音レベルを把握するためには、暗騒音の影響も正しく評価しなければなりません。つまり、音源の運転時だけでなく停止時の騒音値も測る必要があります。これは複数の音源がある場合も同様で、各音源のオンオフでの騒音測定を行えることが、的確な騒音対策検討の必要条件になります。したがって、音源が停止できないなどの事情が有る場合は、音源個別の騒音レベルは推定せざる得ないことになり、ご提案する騒音対策での減音効果の精度にも影響します。
なお、騒音調査時にご依頼者から頂ける情報が、対策案検討の重要なファクターになる場合があります。逆に言えば、知り得なかった情報に対しては、検討対象から漏れることになります。これが評価点での騒音値に影響することが、対策後の確認測定で判明するという場合もあります。騒音調査時にその日の運転状況(停止している機器も含めて)などを詳しくご説明頂くことをお願い致します。

2.騒音予測値の保証

騒音調査で得られた結果から、目標騒音値に低減するための最も効率的な方策をご提案します。その際、対策方法と対策効果の根拠については、十分なご理解が重要と考えますので、そのための努力は惜しみません。
しかし、ここでご提案する対策後の騒音予測値は保証値ではありません。対策後に音源の騒音値が変化したり、運転していなかったものが音源となって、目標値を満足出来ない場合は、弊社の責任外と致します。但し、騒音予測シミュレーションに大きなミスがあった場合および弊社製品の消音器などの性能が満足していない場合は、この限りではありません。

3.消音装置の性能保証

弊社製品の消音器および吸音パネル・防音カバーは、下記性能に関して、定められた条件(暗騒音、風量、風速、振動、気流など)でご使用された状況で保証致します。これは弊社音響実験室での性能試験に基づくものです。現場設置後にこれらの性能が十分でないことが判明した場合は、弊社の責任に於いて、これらの性能を満足する対策を講じます。

消音器 :減音量、圧力損失、自己発生音(空気が流れることによる風切り音)
吸音パネル(防音壁) :音響透過損失、ランダム入射吸音率
防音カバー :音響透過損失

4.音源騒音値の変動

音源の騒音値が運転状態により変化する場合があります。特に空調関連機器は気温によって騒音値が変わることがあります。また、運転開始からの時間により大きな騒音になったり、あるサイクルで騒音値が変動するものもあります。このような音源が複数あれば、かなり複雑な状況になります。騒音調査時に最大値を確認できていれば問題はありませんが、そうでなければ騒音対策の評価は難しくなります。

5.振動に起因する音

音源の振動が接続管あるいは設置床を伝搬して壁を振動させるなどに依り、透過音として影響することがあります。この場合は伝播経路の何処かで防振が必要です。騒音調査時に振動が懸念される場合は、検討書の中で対策項目として掲げますが、その具体的な防振方法については専門業者に委ねます。したがって、弊社では対策効果がわかりませんんので、騒音予測シミュレーションからは除外します。

6.安全率

対策案には通常3~5dB程度の安全率を考慮します。しかし、目標達成の重要度により、3dB以下でも良い場合も、3dB以上の余裕が必要な場合もあります。安全率については、ご依頼者との協議で決定することとしています。

7.評価点

ご依頼者のご指定あるいは協議により決定した騒音予測点が評価対象となります。計算条件で特に記載がない場合は、予測点間(の境界線など位置)は対象外となります。勿論、敷地境界線全てが評価対象とした場合は除きます。

8.騒音測定値(特に対策後の確認測定)

対策後の確認の騒音測定でしばしば問題になるのが暗騒音です。暗騒音は時間帯、季節、天候などで変化し、予測不可能なため、対策予測シミュレーションでは考慮できません。対象騒音より暗騒音が大きければ判定はできません。また対象騒音と暗騒音が3dB以内の場合は、分離が難しくなります。
また、騒音測定は風・雨・雪などの天候の影響、鳥の鳴き声、夏から秋は虫・蛙などの影響もあります。

9.現地調査費用について

現地での騒音調査は以下のようなケースがあります。これらの調査費用料金は次表の通りです。

  • イ) 初期現地騒音調査
  • ロ) 中間現地騒音調査

    再度(複数回)の現地調査は、弊社の製品を採用及び取付工事を前提に於いた場合は調査条件を勘案して、その費用をご相談させていただきます

  • ハ) 竣工時性能測定費用

    但し、ご契約書に竣工時性能測定費用込みの場合は除きます

現地調査費用基本料金
① 交通費・宿泊費 実費
② 技術者出張費(技術料込み) 18,000円/時間・一人
基本料金(8時間) 144,000円
③ 作業補助員出張費 10,000円/時間・一人
基本料金(8時間) 80,000円
④ 報告書作成費 100,000円、調査内容により加算させて頂きます
⑤ 騒音計使用料 30,000円/台
⑥ 諸経費 ①~⑤合計の10%
基本料金:389,400円(交通費・宿泊費別途)、技術者・作業補助員各1名、測定作業8時間以内の場合

▲ページトップへ